ジャージスーツ

火曜日, 8月 13th, 2019

DSC_1059

DSC_1060

ジャージスーツの受注を始めてます

すでに何件が受注しておりますので

ノウハウも蓄積されてきました

まずは少しシワが出やすい事

柔らかいジャージ素材で

芯のない作りですから当然ですが

事前の説明が必要な様子です

また収縮率の高さもあります

予想外に小さく上がる可能性が高い様です

そして何より市場に出回っている

チープなデザインのスーツにならないデザインの追究

これはボタン等の問題ではなく

制限の多いデザインの問題です

とはいえ

とても可能性があるアイテムですので

必ず優れたデザインを提供したいと思います

 

 

名古屋のオーダースーツ

レディーススーツ

 

VERACE ヴェラーチェ

レディーススーツの受注増加

土曜日, 8月 10th, 2019

DSC_1055

DSC_105

 

 

レディーススーツの受注が増加してます

今回の方は9号くらいで

作り映えする方

タイトめなジャケットに

ストレートなパンツを考えてます

 

チェックジャケット

月曜日, 7月 29th, 2019

DSC_1027

 

チェックのジャケット納品

背が高くスタイルの良い方でした

チェックは柄合わせが難しい事と

デザインやディテールを間違うと

ポップな感じになるので

神経を使います

こちらはイタリア生地で

70000円

 

名古屋のオーダースーツ ヴェラーチェ

メンズとレディースのオーダーです

 

ブラウンチェック スーツ

土曜日, 7月 27th, 2019

DSC_1033

DSC_1034

DSC_1037

同じ方で

ブラウンのチェックの生地でスーツを

イタリア素材でブラウンの千鳥格子がポイント

こちらも10万円ほどです。

ダブルとしては過去最高の出来でした

奥本

ブラックスーツ

金曜日, 7月 26th, 2019

DSC_1028

DSC_1030

DSC_1031

 

ブラックスーツの納品です

オールシーズンと言える素材

イタリア生地です

広目のラペルと柔らかい肩

タブルで入れたステッチが特徴です

約10万円でお作りしました

 

名古屋のオーダースーツ   ヴェラーチェ

メンズ レディースのオーダーを受けております

 

 

ヴェラーチェのスーツ

月曜日, 7月 22nd, 2019

今日も雨です

昨日は阪神タイガース勝ちました

やはり気分が違います

さて当店で作成するスーツのお話です

価格は10万円前後です

生地は基本的にインポート素材です

本開きはオプションにすると色々とめんどくさいので基本的には全て本開きです

デザインはオーソドックスですが

細かいディテールで遊びます

いわゆる流行りのスーツではなく

肩幅は広目のタイムレスデザインがベースです

肩周りはカッチリと

ウェストはスッキリと

海外ではベーシックなデザインです

そしてノーネクタイで着れる事をイメージしてデザインします

ジャケットとしてパンツとして着れる事も

着る人を特別に

人生を変えるスーツ

 

 

名古屋のオーダースーツ  ヴェラーチェ

レディースも販売しております

10年後20年後を見据えて

日曜日, 7月 21st, 2019

DSC_0076

 

オーダースーツのお店もかなり増えてきた気がします

10年後20年後を見据えて

三つの事に特色を持たせたいと考えております

1つはレディースのオーダースーツ

名古屋ではまだまだ少なく

決して数は出ませんが

確実に注文はあります

レディースの工場で作られた

スーツとジャケットは既に存在しますが

当店ではメンズ仕立てのレディースです

メンズ仕立ての何が良いか?🤔

男の仕立てが女性の美しさを引き立ててくれます

二つ目はジャージ素材のスーツやジャケットです

スーツにスニーカーを合わせる時代

オーダーもそれに変化していくべきです

ここでポイントなのが

あくまで既製品のスーツの様なティストのオーダーを提案する事です

オーダー屋の考えるオーダースーツは

やはり過去にとらわれた古くさいモノか

どこか過剰になりすぎです

バランスのとれたデザインでの競争にさらされる既製品と

サイズ調整というアドバンテージの中で

ヌクヌク育ったオーダーの店員が提案するものでは

洗練された雰囲気に差が出ます

過剰なオーダーオプションなど

本来は不要で

製品の美しさで勝負したいものです

特にジャージは今年の秋冬から本格的に稼働します

三つめはクラシックにデザインをプラスしたスタイルを追求すること

イギリスとイタリアのデザイナーブランドのミックスの様なデザインを目指します

万人受けはしませんが

着る人を少しだけ個性的に魅せてくれるスーツです

 

 

名古屋のオーダースーツ  ヴェラーチェ

 

メンズはレディースのスーツ等の販売を受けております

 

 

 

 

 

 

原点

土曜日, 7月 20th, 2019
    DSC_0982

 

誰しも

原点はある

私はこのブランド

この冊子

デザイナーブランドや派手なブランドが席巻していた頃

携わっていた

ヨーロッパでのポジションはよくわからないが

「これ見よがしはみっともない」という考え方はとても心に響いた

女性の横にいても華美ではなく

当時のイタリアブランドとはまるで違う思想でした

そしてこういうブランドの対極として

様々なブランドは成り立たなきゃいけないという事にも気づいた

クラシックという言葉のニュアンスも

古いではなく

時代を乗り越え洗練された…

というニュアンスだと知った

何の変哲もない

ネイビーのジャケットを作りたいものです

 

VERACE ヴェラーチェ

奥本

 

 

ファッション業界の新入社員

月曜日, 7月 15th, 2019

暑い夏が近づいてますが

新入社員のお話です

ファッション業界にも新入社員は入ってきますが

ほとんど育ちません

薄給

神経を使う労働

体育会系の古い体質

先が見えない景気とビジョン

悪質な日本人客

経験を積んだ人間にもストレスですから

新入社員のストレスは相当です

特に百貨店ではとにかく客に謝る事が優先され

悪質なクレームに対する本質的な対処方法はありません

このままではヨーロッパの様に店が客を選ぶ時代が来るかもしれません

この何でも迎合する傾向が日本人の男性の冴えない服装を産んでいるのだと思います

時には「その選択は間違えている」と自信を持って言える販売員が少ないと思います

売る事の先に目の前のお客様をお洒落にするんだ‼️というプロ意識にかけている人が多いと思います

ラッパーならともかく

ブランドで固める事が恥ずかしいという感覚がない大人がどんどん産み出されています

何を着るか?ではなく

どう着るか?が大切です

我々と共に人生が変わるくらいの服装を学びませんか?( ´∀`)

学舎 Kikata キカタ

7月26日納屋橋の高山額縁店内の

バー🍸️トワイロにてお待ちしております

 

名古屋のオーダースーツ ヴェラーチェ

メンズとレディースのオーダーを受けてます

クラシック

日曜日, 7月 14th, 2019

こんにちは

店名にクラシックを入れようかと

考えております

クラシックというのは

古い❗️

という意味ではなく

長い歴史の中で洗練された‼️

というニュアンスです

そして時代の風にあたりつつ

進化をすると思います

時代を越えて受け継がれてきたデザイン

そんなスーツを提供したいものです

その思いを込めてのクラシックです

VERACE classic

 

名古屋のオーダースーツ

ヴェラーチェ

レディースのスーツ、ジャケットも受けてます