アメリカブランドに憧れて

お久しぶりです。

デザインを追求するオーダースーツのヴェラーチェです。

今回はアメリカブランドで、メンズファッションに革命を起こした一人のデザイナーが生み出したシルエットの表現に挑戦する案件です。

最近でこそ、着丈の短いスーツも見慣れましたが、初めて見た時は皆様びっくりしたのでは?( ´∀`)(笑)

このデザイナーのシルエットは単純に着丈が短いだけではなく、いかにマッチョに魅せるか?にこだわっているのかが理解出来ました。

着丈は62センチとかなり短く、袖丈とほぼ同じ長さです。

クライアントの方はかなり細く小柄な体験ですので、マッチョに魅せるには相当絞り込む事が必要です。

かつ、小さく作り過ぎると子供服のスーツの様になってさまうので、ラペルやポケット等ポイントとなるパーツの大きさに神経を使います。

今回の案件もアメリカのファッションに詳しいスタイリストがついているので、安心です。

出来上がりが楽しみですね。

それではまた。

名古屋のデザインオーダースーツ VERACE(ヴェラーチェ)

Comments are closed.